【アンジュルム】和田彩花、19世紀末のウィーンモダニズムについて語る「絵画だけではなく、建築・工芸品も含め全てが連動してモダニズムが生まれて(略



no title


1: 2019/05/26(日) 17:10:54.50 0
【国立新美術館で行われている「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」展に行った件】

参考サイト https://artexhibition.jp/wienmodern2019/

和田
(約400点の展示なので)本当に内容が多いですよ
でも、絵画だけではないから、そこは全てを見ないと紐解けないですね
私がウィーンの世紀末の芸術に触れたのが高校生の時だったんですよ
なんでかって言ったら、「日曜美術館」あるじゃないですか、それでウィーンの世紀末美術をやってて
それを見たんですよ、それを見てから、こういう世界もあるんだなとか、単純に面白いなと思って、見てたんだけど
今、私が学校でやってる部分がモダニズムとか、そういうところなんですよ、
でもそのモダニズムとかモダンっていうものが何か言われたらね、また説明しにくくてね、ここでは説明する勇気は出ないんだけど
私は今そういうところに触れているから、私はフランスだけど、ウィーンのものを見ると、また違った世界もあるし
そういったモノを見るのはすごい楽しいですね、って思いながら
私がやってるのは絵画の中でのモダニズムだけど、今回(の展覧会)は絵画だけじゃなく、建築も、工芸品もあったから
そこが全て含まれて、全て芸術の中で関係しながら、連動しながら、近代化っていうか、モダニズムって言うものが
生まれたんだなっていうのは、展覧会を通して、実際の食器だとか、ポスターとか、写真とは違って、目の前で見ていくと
肌の感覚でそういうものを感じるというか、実際モダニズムっていうのは、意外と今の生活とあまり変わらない部分もあるから
すごく身近に感じるし、こういう芸術が様々あっての、これが出来たんだなっていうと、全然捉え方も変わるし、それがすごく面白いですよね
私は絵画がすごい好きなので、クリムトとか結構装飾的とか言われるじゃないですか、綺羅びやかで華やかで、
でも一方でちょっと不気味な雰囲気も出てたりするんですよ、描かれた女性の姿を見ていくと、ちょっと怖かったりするんですよ
どこかの民族衣装とか、アテナ、神話に出て来る強い女性がいるんだけど、その人を描いてたじゃないですか、確かクリムトが、出品作では
そういったモノを見るとやっぱり、何か力強いものがすごく多く描かれてて、でも、エゴン・シーレだと神話的だったり、ちょっと神秘的な雰囲気のあるものっていうより
もっともっと身近だし、また違う表現がそこで表象が出てて全然違うなって思ったし
エゴン・シーレが特に好きなんですよ、ちょっぴりやっぱり、絵の具とか見ていくと、これが合ってるかわからないけど、グロテスクだなって
ちょっと思うんですよ、ドロドロした感じ、ドロドロした昼ドラを見てる気分になるから
でも、それを意図して見た時に面白いと感じるのはなんでだろうなって感じたり
装飾的だとさ、私が好きな無駄なものをどんどん省いていく芸術とはちょっと違うわけじゃないですか
でも、その中でも惹かれる部分は必ずあって、そっちもまた1つの近代化、モダニズムのありかたなんだなって、すごく考えさせられて
だけどその答えは全然出てないから、何とも言えないですけどもすごく有意義な時間になったと思います
だから、(書き起こし力尽きたので後略


アンジュルム和田彩花のビジュルム 2019年5月25日

7: 2019/05/26(日) 17:17:50.82 0
3行で

6: 2019/05/26(日) 17:14:36.35 0
色々言葉は尽くしているけど海老蔵のエアリズムのCMぐらい実は中身が無いっていう

12: 2019/05/26(日) 17:21:23.71 0
どうして突然昼ドラに例えるんだろう?

13: 2019/05/26(日) 17:23:04.99 0
あやちょ意外と俗っぽいもの好きだよね

3: 2019/05/26(日) 17:12:13.66 0
http://www.nact.jp/exhibition_special/2019/wienmodern2019/

19世紀末から20世紀初頭にかけて、ウィーンでは、絵画や建築、工芸、デザイン、ファッションなど、それぞれの領域を超えて、新しい芸術を求める動きが盛んになり、ウィーン独自の装飾的で煌きらびやかな文化が開花しました。

(中略)

本展は、ウィーンの世紀末文化を「近代化モダニズムへの過程」という視点から紐解く新しい試みの展覧会です。

9: 2019/05/26(日) 17:20:19.89 0
国立新美術館でやってるやつ俺も見に行ったでー

11: 2019/05/26(日) 17:21:16.14 0
>>9
モダニズムのありかたを考えさせられた?

15: 2019/05/26(日) 17:24:12.71 0
>>11
せっかくクリムトの絵とか見られるのにそんな事考えなかったは


輪廻転生~ANGERME Past, Present & Future~(初回生産限定盤A)(特典なし)
アンジュルム
アップフロントワークス (2019-05-15)
売り上げランキング: 101


アンジュルムック
アンジュルムック
posted with amazlet at 19.05.26
アンジュルム 蒼井 優 菊池 亜希子
集英社
売り上げランキング: 15



元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1558858254/
      

     コメント一覧 (8)

      • 1. ℃-uteな名無しさん
      • 2019年05月27日 11:46
      • …削除しました…
      • 0
      • 2. ℃-uteな名無しさん
      • 2019年05月27日 12:40
      • 美術のことはわからないけど、あやちょって大学で専門的に学んでるわけで、ただの素人とか知ったかぶりではないよね
        そんな人に向かって、厨二病とか無理すんなとか言うのはおかしくない?
      • 0
      • 4. ℃-uteな名無しさん
      • 2019年05月27日 14:05
      • 運命に抗う反骨心こそあやちょの生き様
      • 0
      • 5. ℃-uteな名無しさん
      • 2019年05月27日 14:31
      • 1だけ消すとなんか意味がわからないですw
        きっとアホなこと書いてあるんだろうと思いますが関連コメも消しませう
        関連は消されても文句ないですよね?
      • 0
      • 6. ℃-uteな名無しさん
      • 2019年05月27日 15:47
      • 今回のウィーンモダニズムはクリムトだけ見るのは勿体無いからもう一人の重要人物エゴンシーレの事もしっかり紹介してて偉いと思う
      • 0
      • 7. ℃-uteな名無しさん
      • 2019年05月27日 21:55
      • 美術のことはよくわからんけど、あやちょが大好きです。
      • 0
      • 8. ℃-uteな名無しさん
      • 2019年05月27日 22:50
      • 難しすぎるし早口だしさっぱりわからなかったけどとにかくあやちょの言うことは絶対!
        と、いつも言い聞かせてます
      • 0
      • 9. ℃-uteな名無しさん
      • 2019年05月28日 01:14
      • 叩いてるアンチは、一度、クリムト展見てみるといいよ。7月までやってるから。いい機会だから、是非。

        個人的には、東寺の仏像さん展の方が好きだけどね。これは超おすすめ。すんごい面白いから。騙されたと思って、仏像さんを見に行ってみて。
      • 0
    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット